So-net無料ブログ作成

旧東海道に面した庭先で。 (3月29日) [散歩]

4月6日はタロウの診察日でした。
体重は一ヶ月前より260g増えていました。この頃よく食べますので体重が増えたのです。Goodです。
血液検査の結果も良かったです。
赤字は、尿素窒素が93.4mg/dl(基準値17.6~32,8mg/dl)、クレアチニンが4.06(基準値0.8~1.8)の
2点だけでした。両方共に基準値を大幅に超えていますが、壊れた腎臓では仕方がないことです。
それでも少しは回復していました。昨年の8月28日のデータ見ると、それぞれ140,0と16.2で、
先生にはいつ逝ってもおかしくないと云われたことを思い出します。
今までの治療でも数値のアップダウンがありますが、今の治療が今のところ一番いいようです。
点滴は一日一回150mlし、経口薬は朝晩の二回飲ませます。
もう少しで19歳になります。先生は、成人(猫)式が向かえられるかも、と嬉しい冗談を云っていました。


3月29日はクリニックに降圧剤を貰いに行く日でした。
クリニックには約30分歩いて通っています。東海道と旧東海道を歩きます。

民家が並んでおりその生け垣などで季節の花を見ることができます

DSC03898.JPG
ブロック塀から垂れ下がるように郁子(ムベ)が咲いていました。秋には卵より少し大きい実がなり
熟すと紫色になります。大昔から不老不死の霊果の伝説があるそうです。
ここを通ると「むべなるかな」という言葉を思い浮かべます。この場合のムベは「宜」と書きます。
もっとものことだ、全くそのとおりだと、相手の意見に賛同する意味なのだそうです。
DSC03894.JPG
DSC03897.JPG
このときたまたまこの家のご主人がおり、「あけびが咲いているよ」と教えてくれました。
思い出しました、確か三葉木通(ミツバアケビ)があったと。そして数年前には五葉あけびもあったと。
上のむべの実はあけびににていますが、ムベもアケビ科でした。
後ろの太い木はアケビではありません、支えにしているものです)
DSC03902.JPG
蜆花(シジミバナ)バラ科 遠くから見ると雪柳に見える。
名前は貝の蜆の身に似ているから。これは八重咲きですが、一重咲きもあるらしい。
DSC03903.JPG
帰宅途中でまたミツバアケビが目に付きました。上ではよくわかりませんでしたが
これではわかります、大きい花が雌花、小さい丸いのが雄花です。
DSC03907.JPG
近くの小学校にも何本か桜があります。この桜は幼稚園の桜で大木です。

きょうは晴天でしたので、久しぶりに横浜市こども植物園に行きました。
遅咲きの横浜緋桜がまだ咲いているか期待したのですが、残念ながら散っていました。
大木で見応えのある横浜緋桜なんですが。
そして、残念なことに冷たい風が強く、草花が揺れて撮りづらかったので一時間ほどで帰宅しました。
寒暖の差が激しいですね。またまた寒の戻りとのことですが、
輝いている木々の新葉を見ると初夏だなあと思ってしまいます。

本日はこれにて。

nice!(46)  コメント(19)