So-net無料ブログ作成
児童遊園地(環境活動支援センター) ブログトップ

紫陽花の他にもいろいろの花が。  (6月下旬) [児童遊園地(環境活動支援センター)]

きょうは終日小雨が降ったりやんだりで肌寒かったです、こういう天候を
「梅雨寒」というのでしょうか。
あすは7月7日、七夕ですね。子供の頃、笹竹に短冊や折り紙、吹き流しを吊るして
それなりに楽しみました。とは云ってもあすの7月7日ではなく8月7日でした。

あすにしろ8月7日にしろ、晴天になった記憶がありません。それでは天の川の
両岸に暮らす彦星織姫は会えませんね。いや、無粋な云い方をすれば、雲の上は
晴れていますから、毎年会っていると思います。それが地上の我々には見えないだけです。


きょうは保土ヶ谷公園の紫陽花から離れて6月下旬の児童遊園地です。
児童遊園地には花壇のようなものは少ないですが、手入れされた木々が
季節の花を咲かせ、草むらには花が咲きます。


DSC_3582.jpg
保土ヶ谷公園の紫陽花から離れても、児童遊園地にも紫陽花は咲いています。
その中からほんの少しをアップします。
DSC_3584.jpg



DSC_3574.jpg
周りで見る「紫式部」は咲いていたり咲いていなかったり、この木もしぼんだものがあるかと思えば
まだ蕾のものもあります。


DSC_3720.jpg
凌霄花(ノウゼンカズラ) ノウゼンカズラ科
花期が長いです、夏の間咲いています。


DSC_3719.jpg
野萱草(ノカンゾウ) ユリ科  咲き始めに見えるんですが、もしかして別の花?


DSC_3735.jpg
柳花笠(ヤナギハナガサ)クマツヅラ科  だと思うんですが?


DSC_3739.jpg
アガパンサス(ユリ科)  花が大きいのと小さいのがあり、白色もあります。多くの品種があるんでしょうか。
DSC_3740.jpg
丘虎の尾(オカトラノオ)から少し離れたところに数株咲いていました。
オカトラノオの先端がちぎれたようにも見えますが。


DSC_3777.jpg
丘虎の尾(オカトラノオ) サクラソウ科


この梅雨は長引き、明けは遅いと云われています。雨が降らないときは雨に洗われた緑を
撮りに出かけたいと思います。きっといい景色が見られると思います。


本日はこれにて。

nice!(49)  コメント(16) 

ハーブガーデンに今年は花が少ない。 (5月27日) [児童遊園地(環境活動支援センター)]

当地はきのうは終日雨で、時々強かったです。
それに比べきょうは素晴らしい青空で気温も上がりました。
気象庁はきのう「東北北部も梅雨に入ったと思われる」と発表しました。
ところがまだ梅雨に入っていない地域があるんですね。

子供の頃、気象庁は入梅を発表していなかったんじゃないかと思いました。
でも入梅という言葉は知っていました。なぜだろうと今頃になって変ですが、調べてみました。


今のように天気予報のなかった時代は、梅雨はその始まりと長さが予めきめられていたんですんね。
夏至の約10日前にあたる「入梅」は雑節のひとつで、梅雨の梅雨の始まりを告げる日、
と書いてありました。梅雨になろうとなるまいと例えば6月10日は入梅だったのです。
子供の頃はカレンダー上に「入梅」という文字があったので知っていたんですね。


きょうは5月27日の児童遊園地(環境活動支援センター)です。
この日は「ハーブガーデン」を覗いてみましたが例年と違ってハーブの開花が少ないように見えました。

DSC_3221.jpg
靫草(ウツボグサ)シソ科  だと思っていたのですが、違うかも。


DSC_3240.jpg
コリアンダー(セリ科)


DSC_3241.jpg
白花ブラシノ木(シロバナブラシノキ)フトモモ科
試験管を洗う大きさです。

DSC04087.JPG
 ↓ 矢車菊(ヤグルマキク) キク科
DSC04090.JPG


DSC04092.JPG
これには困りました。ニラの花だと思っていたら違うようです。
ご存知の方、教えてください。
Inatimyさん g_gさん ヤッペママさん  ⇒ 野蒜(ノビル)



DSC04089.JPG
チェリーセージ

思うように紫陽花が撮れません、レンズが悪いんだとつぶやいています。
明日はどこに行きましょうか。

本日はこれにて。

nice!(49)  コメント(26) 

強い雨風の後。  (5月22日) [児童遊園地(環境活動支援センター)]

6月10日は「時の記念日」でした。
しかし、今、時の記念日なんて誰も意識していませんね。
なぜかはわかりませんが、子供の頃は学校で時の記念日が授業で話されて
いたような記憶があります。

時計について云うと、日本は江戸時代から明治の初めまでは「和時計」が
作られ使用されていました。和時計と云うと今は博物館にでも行かなければ見られません。
和時計はすごいと思います。一日を24時間としそれを24で割って
1時間とし1時間の長さが変わらないのがのが定時法で、不定時法の和時計は
季節によって昼夜によって1時間の長さが変わります。

不定時法は日の出と日没を基準として、日の出のおよそ30分前を「明け六つ」、
日没のおよそ30分後を「暮れ六つ」とし、その間を昼夜それぞれ六等分して
「一刻(いっとき)」とするものです。一刻の長さが昼夜で違い、季節によっても
違ってくるのを、自動で表示したんですから和時計はすごいと思うんですよ。

人間は地球上に生存する動物、自然と共生するものですよね。いや、共生すべきものかな。
本来、夜が明けたら起き、日が暮れたら寝るものです。
何時に起きて何時の電車に乗ってと時計に振り回されているのが幸せなことでしょうか。
そういう生活を長年してきたから、「何歳になっても働くことが幸せ」という人が
増えているんだろうと思うのです。
変な方向に行ってしまいましたが、和時計を発明するほど日本人は技術に
長けた民族だといいたかったのです。


まだ5月の記事が続いています。
5月21日は当地も雨風が強かったです。翌22日に児童遊園地に行ってみました。

DSC04023.jpg
何の花かわからないほど痛めつけられていました。バラ園もひどかったです。
管理スタッフが大急ぎでバラの面倒を見ていました。
花の中に水が入るとその重みで頭を垂れ痛むと云っていました。

以下、痛みがあまり見られないものを並べます。
DSC_3219.jpg

DSC04024.jpg

DSC04021.jpg

DSC_3232.jpg

茎の長いものが風に弱いんじゃないかと思ったんですが、以外に柔軟性がありますね。

わが家の庭、きょう: カラー
DSC_3515.jpg
先日もアップしましたがその時は花が1個でした。きょうは3個になっています。
これでオシマイでしょう。

本日はこれにて。

nice!(54)  コメント(20) 

金襴(キンラン)  (4月29日) [児童遊園地(環境活動支援センター)]

ふるさと納税は今またTVなどで話題になっていますね。
この制度にわたしは馴染みません。
生まれ育ったふる里にお金を送って少しでもお役に立ててほしいというものなら
ふるさと納税でいいでしょう。

しかし、返礼品なるものがあり、それを求めてお金を送る・・・通販ですね。
しかもこれだけのものを買ったから住まいする自治体に控除を要求する。
物を買ったら消費税を払わなければならないのに、買った金額の一部を返してもらえる。
返礼品を貰って控除があって、素晴らしい制度だと絶賛している人もいますから
わたしの考えはおかしいかもしれませんね。

この制度を考えた為政者はいま何を考えているんでしょうね。


4月29日は児童遊園地(環境活動支援センター)に金襴(キンラン)を見に行きました。
23日に行ったんですが、まだ蕾の状態でした。そろそろ咲いているかなと。

DSC_2359.jpg
こんな斜面を登ります。なだらかなようで結構足腰の衰えた高齢者には辛い。

DSC_2446.jpg
広い斜面に点々と咲いていました。マアマアの時期でした。

DSC_2347.jpgDSC_2442.jpgDSC_2451.jpg


DSC_2456.jpg
この地域では残念ながら銀蘭(ギンラン)がほとんど見られません。
今年もこのように小さいものが数株見られただけでした。

DSC_2465.jpg
一枚目の写真の斜面に向かい合っている斜面です。ここに金襴があるのを
知りませんでしたが、教えていただきました。

DSC_2466.jpg
すぐ上の斜面の上の方から一枚目の写真の斜面の方向を撮ってみました。

きょうはそろそろカザグルマが咲いているかなとこども植物園に行きました。
運良く一輪咲いているところを見ることができました。
きょうまでの展示で山野草展が開かれていました。きょうまでということだからでしょうか
大勢の人が来ていました。グループで来ているようでしたが、殆どが高齢の女性でした。
勿論、カメラを持っている人もいましたが、多くはスマホを持っていて盛んに小さな
鉢植えの山野草を撮っていました。

本日はこれにて。

nice!(52)  コメント(15) 

斑入り黄花踊り子草  (4月20日、23日) [児童遊園地(環境活動支援センター)]

背中が曲がっていますよ、シャンとしなさいと奥様に怒られます。
歳だから仕方がないだろうと腹の中でつぶやきます。
しかし、姿勢が悪いのは心が悪いからだと云われると、歳ばかり云っていられません。

きょうも4月20日、23日の児童遊園地(環境活動支援センター)です。

DSC_2162.jpg
菜の花に桜の新葉。

DSC_2169  カキドオシ.jpg
常磐黄櫨(トキワハゼ) ゴマノハグサ科

DSC_2323.jpg
アメリカ風露(アメリカフウロ) フウロソウ科
北アメリカ原産の帰化植物、一年草。今、あちこちで繁茂しています。

DSC_2367.jpg
蒲公英(タンポポ) キク科
子どもと赤ん坊は置いといて・・・ねえ、パパ!

DSC_2328.jpg
斑入り黄花踊り子草(フイリキバナオドリコソウ)  シソ科
踊り子草にもいろいろ種類がありますね。
DSC_2332.jpg
DSC_2333.jpg
花水木(ハナミズキ) ミズキ科  これは高木です。
DSC_2335.jpg
DSC_2336.jpg
射干(シャガ) アヤメ科
DSC_2337.jpg


DSC_2344.jpg
いつもの池に青葉の樹木を写して。この池にカワセミが来なくなりました。

きょう近くの花屋さんに鉢植えにしてベランダに置く花を買いに行きました。
すると、寒さで傷んだ朝顔だけどよかったら持っていってと声がかかりました。
まだ小さい(草丈10cmくらい)苗の葉っぱの一部が茶色になっていました。
貰ってきましたよ2株、赤と青の大輪。儲かりました。

本日はこれにて。

nice!(54)  コメント(29) 

釣鐘水仙  (4月19日) [児童遊園地(環境活動支援センター)]

家の周りで朝にカラスがガアガアうるさくゴミ収集所でも悪さをするので、
友達にカラスがこの世からいなくなったらなにか困ることがあるか尋ねたら、
この世になくていいものはないと友達は即座に云いました。
病原菌などないほうがいいと思いましたが、云いませんでした。
強いていえば人間は地球上にいないほうがいいのかもと友達は云いました。


4月19日の児童遊園地(環境活動支援センター)で撮ったものをアップします。


DSC_2072.jpg
突抜忍冬(ツキヌキニンドウ) スイカズラ科
花序の下の葉っぱが2枚茎を中心にしてくっつきます。あたかも葉っぱの中心から
茎が出ているように見える面白い花です(上の写真の左側の下から見ていってください)。

DSC_2074.jpg
ツツジが賑やかです。

DSC_2084.jpg
ネモフィラ(ムラサキ科) 北アメリカ原産の一年草。
青色と白色の二種類が咲いていました。
ネモフィラといえば関東では国営ひたち海浜公園が有名です。この十連休もだいぶ混んだようです。

DSC_2090.jpg
市の焼却炉の煙突です。煙が出ていません。ゴミを減らしましたので焼却炉は休止中です。

DSC_2093.jpg
釣鐘水仙(ユリ科)
蕾は茎の先端に穂のようになっており、穂の下の方から順に咲く。
DSC_2094.jpg


DSC_2165.jpg
ところでこれはなんでしょう?釣鐘水仙に花は似ているが花のつき方が違うように見える。
茎の頂点から花茎が伸びているように見える。
Inatimyさん ⇒ 三角葱(ミツカドネギ) 別名:アリウム・トリクエとルム  ヒガンバナ科
南ヨーロッパ。地中海沿岸が原産地。多年草、帰化植物。
DSC_2164.jpg


DSC_2152.jpg
もみじの花。このように纏まることもあるんですね。

DSC_2149.jpg
ジュウニヒトエではなくアジュガなんでしょうね、繁茂しています。

DSC_2135.jpg
↑ ↓ 桜を見ると撮ってしまいます。本当にこれでオシマイにします。
DSC_2091.jpg

十連休もオシマイですね。前半はあまり天気に恵まれませんでしたが、終盤は暑いくらいの天気で
どこも大混雑でしたね。TVを見ていますと交通事故の報道が多かった。
事故の無いようにと祈っていたのですが、神様は聞いてくれなかったようです。
7日から久しぶりの通勤ですが、体調には十分に気をつけてください。もうすぐ夏休みです。

本日はこれにて。

nice!(46)  コメント(21) 

見たことのない桜がありました。 (4月19日) [児童遊園地(環境活動支援センター)]

4月19日は児童遊園地(環境活動支援センター)に行きました。勿論、なにかあるだろうと期待して。
八重桜がまだ健在でそれにツツジの色が目立ちました。
特に見たいものはその遊歩道沿いにあるとは思っていませんでしたが歩いていくと・・・
今までなかったせいぜい樹高が2mあまりの苗木が植えてありました。
この春に植えられたようです。木に添えられた名札を見ると、桜で見たことのないものでした。

時期も時期ですから、完全に花が散った木もありましたし、少しは花が残っている木も
果たしてこれが満開のときの花の色か?、葉っぱの出具合は?と疑問でした。
正解は来年ということにして並べます。

DSC_2095.jpg
① 御車返し(ミクルマカエシ)
これは名前が付いた経緯が面白いです。花の美しさに後水尾天皇が御車を返してご覧になったからからとか
一重か八重か確かめたくて御車を返したとか云われています。
この桜は一本の木に一重と八重が咲くと云われています。

DSC_2098.jpg
② 兼六園菊桜

DSC_2108.jpg
③ 千里香  これはほとんど花が残っていませんでした。

DSC_2112.jpg
④ 紅豊  これもほとんど散っていました。

DSC_2116.jpg
⑤ 駿河台匂  だいぶ葉っぱが出ています。

DSC_2123.jpg
⑥ 鬱金(ウコン)

DSC_2127.jpg
⑦ 御衣黄(ギョイコウ)

見られる樹高になるには少なくても数年必要でしょうが、楽しみですね。
枯れないで根付いてほしいです。

本日はこれにて。

nice!(50)  コメント(19) 

ベニバスモモを見逃すところでした。 (3月28日) [児童遊園地(環境活動支援センター)]

きょうは久しぶりにベランダの寒暖計が20℃を越しました。
午後からは雲ひとつない青空となりましたが、風が強く満開のソメイヨシノは花びらを飛ばしました。
きのうはこども自然公園(大池公園)、きょうはSxxy研究跡地の桜を楽しみました。
これからは遅咲きの桜とともに花吹雪を楽しむことになります。


きょうは3月28日の児童遊園地(環境活動支援センター)です。

どなたかのブログでベニバスモモが記載されていましたので、そうだ児童遊園地にもあったと、
駆けつけました。ちょうど見頃でした。

DSC03875 2.jpg
紅葉李(ベニバスモモ) 西南アジア原産でバラ科。
赤紫色の葉っぱが周りから目立っています。ソメイヨシノより少し早く咲きます。
葉っぱと一緒に白い花が咲きます。この木は樹高が5mくらいあったと思います。
以前、TVでフランスのどこかの町の街路に、赤紫色の木があるのを目にしたことがあります。
あれはアカバスモモだったのか。短い時間でしたから、見間違いかもしれません。
あるいはヨーロッパではアカバスモモが街路樹になっているんでしょうか。
DSC_1563.jpg
DSC_1564.jpg
ピンぼけですね。

DSC_1575.jpg
真ん中のピンクは三つ葉ツツジ。
ピンクを強調しようとソフトをいじっていたら全体が黄色になってしまった。

DSC_1574.jpg
DSC_1581.jpg
桜もたくさん撮ったのですが、雲の多い空のためか桜の色が出ませんでした。
あるいはわたしのカメラがだめなのかな。
桜の季節ですから2枚アップします。
本日はこれにて。

nice!(44)  コメント(17) 
児童遊園地(環境活動支援センター) ブログトップ