So-net無料ブログ作成
庭の四季 ブログトップ

今年最初で最後と思われる月下美人が咲きました。(9月16日) [庭の四季]

きょうは台風15号で傷んだ児童遊園地と横浜市こども植物園がどうなっているか
見に行ってきました。
児童遊園地で目についたのが高い木が途中から折れ、それが梅園の梅の木を
押しつぶしているところでした。新春の梅の開花にどれだけ影響するでしょう。
こども植物園ではバラ園がやられ、その手当に大わらわでした。伸びた新芽が
痛めつけられたので、剪定をしてなんとか10月中頃には花を咲かせたいと
管理スタッフが云っていました。


きょうは今年はじめて咲いた月下美人です。
3月に外に出したところ寒さにあわせてしまい、もしかしたら枯れるかもしれないと
心配しました。その影響でしょう、例年早ければ7月下旬から咲きだし、
9月まで何度も咲くのですが、今年は蕾が出ませんでした。
ようやくひと鉢はだけ咲いてくれました。
ご存知の通り月下美人は一夜花です。夕方、蕾が膨らみ始め時間の経過とともに
徐々に開き、真夜中に最高に開きます。そして翌朝には萎んでいます。
時系列で並べます。

DSC05232.jpg
9月8日 6cmくらいだったのが、11日には12cmくらいになりました。
こうなれば落下しません。


DSC05300 1516.jpg
15日 夕方です。あすは咲くぞと元気いっぱいです。


DSC_4703 1516.jpg
9月16日 15:16


DSC05305 1954 3.jpg
19:54


DSC05306 1956 2.jpg
19:56


DSC_4706 2003.jpg
20:03


DSC_4707 2115.jpg
21:09


DSC05308 2109.JPG
21:15


DSC_4714 2222.jpg
22:22
毎年のことなんですが、24:00まで起きていられません、こんなところで撮影中止。
雨模様だったので、雨に濡れての撮影は嫌でした。
考えました、雨に濡れないためには・・・花をベランダに向けました。
そうすればベランダから撮れます。そのため同じ方向から撮ることになり変化なしでした。

蚊の攻撃が厳しいですから、蚊取り線香を炊いたんですが、せっかくのむせるような
月下美人の芳香に蚊取り線香の匂いがまじり艶消し消しでした。
後で考えれば防虫剤だけにして蚊取り線香を使わなければよかったんですね。


DSC05313 0636.JPG
17日朝の萎んだ状態です。お疲れさまでした。

きょうはお彼岸の入です。この秋も両親の墓参りには行けません。
あす、おはぎをお供えしようかと思っています。

本日はこれにて。

nice!(35)  コメント(16) 

雑草の庭を彩ってくれた花たち。 (8月下旬~9月上旬) [庭の四季]

きのうまでのもう少しで猛暑日になる気温とは違って、きょうは
しのぎやすい一日でした。
朝、戸を開けたら涼しい風が入ってきたので、きょうは暑くならないだろうと
思ったのですが、6時半ころベランダの寒暖計を見たら27℃でした。
きのうまでと同じだ、きょうも暑くなると思ったのですが、気温は上がりませんでした。


きょうは雑草が繁茂するわが家の狭い庭を彩ってくれた花たちです。
纏めましたので枚数が多いです、平凡な花たちですが見てやってください。


DSC05149.JPG
ハイビスカス
ひと鉢はよく咲いてくれるんですが、もうひと鉢はやっと咲き出しました。
剪定が良くなかったようです。
DSC05103.jpg

DSC04989.JPG
朝顔  何故かよれよれです。もうオシマイかな。
DSC05230.jpg



DSC_4634.jpg
ゴンズイがようやく実が黒くなりました。
魚のゴンズイは棘があり食べられないようで、木のゴンズイも木材として使い物に
ならないそうです。それで役立たないもの同士、魚のゴンズイから名前をとったとか。

DSC_4618.jpg
犬酸漿(イヌホオズキ)


DSC_4623.jpg
狐の孫(キツネノマゴ)

 
DSC_4621.jpg
藪枯らし(ヤブカラシ)  藪を枯らすほど繁茂しているのを見たことがありません。


DSC05232.jpg
月下美人の蕾。
これは今年初めての蕾です。9月11日、パチリ。
長さ12cmほどで一週間ぐらいで咲くでしょう。台風で落ちるんじゃないかと
心配でしたが無事でした。
例年、早いときは7月下旬に咲くんですが、今年は咲くかどうか心配でした。
と云いますのは、暖かくなったので3月中旬に外に出しました。その後冷え込みがあり
3日ほど寒さに晒してしまいました。葉っぱが黄色になったように見えたので
ベランダに入れました。しかし、全体的に傷んだようでした。枯れるかなと
覚悟したんですが、なんとか回復してくれました。でも花の付きは悪くなりました。



DSC_4629.jpg DSC_4636.jpg
藪蘭(ヤブラン)花         実、黒く色づきます。


 DSC_4635.jpg DSC_4631.jpg
韮(ニラ)            穂(ツルボ) 
                 自然界では群生しているんですが、
            わが家ではポツリポツリ。


DSC05161.JPG
画眉鳥(ガビチョウ)
時々、ガビチョウが主に朝、ベランダの前の梅の木に来てうるさいんです。
枝や葉っぱが邪魔で撮りあぐねていると5、6m離れたフェンスへ。
コンデジで撮り大幅にトリミングしましたので証明写真です。


IMG_0078.JPG
前の山に生えていた烏柄杓(カラスビシャク)。
後ろに掃溜菊がたくさん写っています。
カラスビシャクはずーっとガラスビシャクと思っていました。

長々とお付き合い頂きありがとうございます。


本日はこれにて。

nice!(50)  コメント(18) 

わが家の庭のあれこれ。  (8月上旬) [庭の四季]

今朝、起きがけにベランダに出ましたら空気が少しひんやりしていました。秋になるんですね。
この状態なら草取りも散歩もいい感じでできると思っていましたら、お天道さんが出て、
結局暑くなりました。草取りも散歩も中止しました。



つい先日までは朝にTVを付けると高齢者の運転事故が毎日報じられていました。
ところがそれがなくなったと思ったらあおり運転のニュースです。
次々と各地で起きています。
どうしてあおり運転が頻発するんでしょう。

どうして昔の言葉で言えばこう切れやすい人間がいるんでしょう。
いや切れやすいんではなくそういう性格の人間がいるんでしょうね。
最近の日本は恐ろしくて街も歩けないし、車の運転もできません。
いつからそのような性格の人間が増えたんでしょう。増えたとすればなぜでしょう。


きょうはわが家の庭のあれこれです。

DSC04972.JPG
8月17日の月。
この頃、コンデジで撮ることを試みています。デジイチでは老体に鞭打つことになりますので
少しでも軽いカメラを持ち歩きたいと思うわけです。
ズームがどれだけ使えるか、試しに望遠端で撮ったものです。焦点距離が何mmか不明です。

下の朝顔もコンデジです。
DSC04977.jpg
DSC04979.jpg
DSC04989.JPG
行灯仕立てにするつもりでしたが失敗しました。伸びる蔓をそのままにしていたら
梅の木に取り付き花を咲かせています。蔓の先端のためか花が小さくなりました。

コンデジではまあまあ撮れるんですが、ひとつ困ったことがあります。
それは葉っぱの照りをおさえたいと思ってもP-CLがないんですね。代わりの方法が
ないものか模索中です。



DSC04953.jpg
去年の秋にモミジの種(プロペラ)を採ってきて鉢に埋めておきました。
5個埋めたんですが一個だけ芽を出しました。育つことを期待しています。



DSC04994.JPG
タロウくんです。
水が飲みたくなるとここに座り込んでにゃにゃ鳴きます。するとお母さんが水を注ぎます。
ただし、残っている水に継ぎ足しはNGです。お母さんの湯呑でなければなりません。
このペットボトルのレッテルの水しか飲みません、A社はNGです。
この小さな脳を持つ生き物に毎日振り回されています。


本日はこれにて。

nice!(50)  コメント(19) 

タロウくんは元気です。  (8月8日、9日) [庭の四季]

毎日晴天猛暑が続いています。わが家のベランダはきょうも35℃を越していました。
今まで35℃に届いていなかった当地の気象台の百葉箱も、きょうは35.0℃に達したようです。
日本全国には40℃に近いところもあるようですから、当地は良しとしましょう。


DSC04832.jpg
きのうはタロウくんの月イチの検診日でした。
体重は先月と変わらず5.22kgで、血液検査の結果も若干ですがいい方向になっていました。
腎臓は壊れたところが治りませんから、今治療しているのは病状が進行しないように
しているだけです。病状が進行していませんでしたのでホッとしました。
命ある限り皮下点滴と投薬を毎日続けることになります。
動物病院を転院して今月末で一年になります。よくぞ頑張ってくれました。
年齢も19歳2ヶ月です。いつどうなるかわかりませんので、覚悟だけはしています。



DSC04889.jpg
8月8日、午前5時、わたしの部屋から北の方角を。
この頃、羊雲に似た雲を見ることがあります。もうすぐ秋だと嬉しくなります。



DSC04893.jpg
8月9日の朝顔。10個咲きました。写真を撮るために葉っぱを2枚摘みました。
育て方の失敗で花が蔓に埋もれてしまいます。
DSC04896.jpg
DSC04897.jpg



DSC04900.jpg
狐の孫(キツネノマゴ)
繁茂する雑草の中で咲いていました。



DSC_4265.jpg
藪蘭(ヤブラン)
丈夫な植物ですね、2月ころ根元から刈り取るだけでなんの手入れもしていません。



DSC_4263.jpg
ハイビスカス



DSC_4260.jpg
ブルーベリー
今年は不作です。梅雨寒が影響したのでしょうか、余り生らず傷がついたものが
多いです。もう1本のブルーベリーは全く実が付きませんでした。
DSC_4266.jpg
収穫はこれだけです。2回目、3回目の収穫はないでしょう。
これだけではジャムを作ることもできませんから生で食べることにしました。


きょうは「長崎忌(長崎原爆の日)」でした。
神がつくったもので殺し合いをするのは人間だけですね。野生の動物が争っているのを
TVのドキュメンタリーで見ることがありますが、死に至るまでの戦いは
しないそうです。人間をつくった神を恨めしく思います。
どんな理由付けをしようと、人を殺してはいけませんね。
本日はこれにて。

nice!(48)  コメント(21) 

わが家の庭・昨今。  (6月下旬~7月上旬) [庭の四季]

7月にお盆を迎えた地域では13日がお盆入り。墓参りに行き門前や
玄関先で迎え火を焚いたことでしょう。きょう16日は短い滞在でしたが
ご先祖様はお帰りになります。門前で送り火を焚きます。
集合住宅住まいで位牌もないということをいいことにお盆の行事は何もしていません。
でも、8月の月遅れには写真の前に花やお菓子をあげて線香を灯し手を合わせます。

わがふる里のお盆は8月です、所謂月遅れ。
かっては全国的に旧暦7月がお盆でしたが、明治時代に新暦になり
お盆も新暦の7月に変わりました。しかし、新暦の7月は農繁期です、そこで
農家などの多い地域ではご先祖様を丁寧にお迎えするために次第に
月遅れで行うようになりました。


生活をする、生きていくためには自然に密接に関係している旧暦が
いいのではないかと思っています。新暦は無機的で一日一日に
番号を振っているだけのように思えるのです。
しかし今更旧暦を持ち出しても笑われるだけですね。わたしは一人で
きょうは旧暦では何日だと思うことにしています。


きょうはわが家の庭の昨今です。雑草で緑いっぱいですが、
咲いている花は少ないです。 

DSC_4063.jpg
上溝桜(ウワミズザクラ)
今年もオレンジ色に実が熟しました。しかし、野鳥が来ません、まだ熟していない?
DSC_3888.jpg


DSC_3974.jpg
ハイビスカスが咲いています。雨にも低温にもかかわらず、日によっては複数咲きます。
気になることがあります、花が外側を向いて咲くことが少なく、内向きに咲きます。


DSC_3979.jpg
7月8日に大輪の朝顔が初めて咲きました。
この朝顔は、5月下旬に花の苗を買いに花屋さんに行ったとき「傷んだ苗だけど良かったら
持っていって」と云われ、2個貰ってきたものです。元気に育ちました。
初めての試みですが、行灯仕立てにしています。これから咲くかどうか楽しみです。


DSC_4053.jpg
この花の名前はわかりません、去年苗をかってきて花を楽しんだ後、おっぽっていたものです。
花後の処置は何もしていませんでしたが、庭の片隅で咲いていました。
わたしは苗を買うときできるだけ多年草を買います、来年も咲くことを期待するんです。
何のことはない、ケチなんです。


DSC_3978.jpg
これはモミジの赤ちゃんです。今のところ10cmくらいです。
去年種(プロペラ)を取って来て確か5個鉢に埋めておいたんです。
その中から1個芽を出しました。育ってくれるといいんですが。


DSC04567.jpg
先日、どこから入ったのか虫が一匹網戸に付いていました。
虫にはあまり興味を持たないんですが、見たことがないものでしたからパチリです。


DSC04596.jpg
先日、奥様のお友達のキジバトがベランダに入ってきてこの場から動きませんでした。
どうしたんだろうと思っていたんですが、前の山の木の周りでカラスが3羽ギャァギャァ鳴きながら
飛び回っていました。多分このカラスに襲われるのを警戒してこの場に避難したと思われます。
カラスの鳴き声が聞こえなくなっても動きませんでした。30分ぐらい滞在しました。
網戸越しに撮りましたので写真がぼんやりしています。


毎日雨が降ったりやんだりで気温も低いです。きょう午前中は少し強い雨でした。
梅雨はいつ明けるんでしょう、。
もうすぐ夏休みが始まりますが、子どもたちが海水浴に行けるように梅雨が開けてほしいです。


本日はこれにて。

nice!(54)  コメント(21) 

タケノコ掘って、タケノコ食べて。(2/2) (4月21日) [庭の四季]

NHK BSプレミアムでたまに見る番組があります。いつ放送されるかなんてわかりません、TVを
付けていたらその番組が顔を出すんです。
番組の名前な「駅ピアノ」と「空港ピアノ」と云います。一回の放送の長さは15分。
駅や空港の改札口や搭乗口の近くにピアノが置いてあり自由に弾けるのです。

ピアノを弾く人は老若男女、地元の人もいれば旅行者もいます。ほとんどアマチュアですが、
プロもいます。弾き語りもありピアノの伴奏で歌う人も。
聞いていてうまいなあと思う人もいますし、それなりの人もいます。
大勢の旅行者がいるところですから、自信がなければ弾けないでしょうね。

音楽はいいですね。楽器が弾けるというのは素敵です。


きょうは21日(日)の山での「たけのこパーティ」の後半です。

DSC_2274.jpg
9時過ぎにたけのこを掘る人、料理を作る人に別れて作業開始。

DSC_2289.jpg
みんな手慣れたもんです、どんどん進んでいます。

DSC_2293.jpg
真ん中の大鍋はたけのこ入りの味噌汁です。右奥にお釜が2個ありますが、手前は塩味の
タケノコご飯、奥が醤油味のタケノコご飯です。
手前のかまどの上に乗っかっているのはタケノコを竹筒に入れて蒸し焼きにしています。
2本の立ててある竹筒には日本酒が入っています、只今お燗中。
食べ物は他にタケノコの入ったサラダが2種類。今回は焼き筍と刺し身は無しでした。

DSC_2291.jpg
食事の準備中に食器を作っている人もいます。

DSC_2295.jpg
12時。パーティの始まりです。自分勝手に適当なところに立ったり座ったり移動したり。
この日は子どもたちがいませんでした。小学校で父兄主催の餅つき大会があったからです。
それがなければここに参加している大人がもっといたのです。

DSC_2296.jpg
わたしもタケノコご飯、サラダ、味噌汁、それに缶ビールをいただきました。
喉が乾いていましたからビールは美味しかった。

DSC_2298.jpg
食事の途中でお関した日本酒がサービスされました。
隣の350mlの缶と比べてください。日本酒が半分以上入っていました。
盃でチビリチビリではありません、この器ではグイグイです。竹の香りがいいですね!

1時間余り飲んで食べて話をして・・・満腹でパーティはオシマイにして
後片付けをして解散でした。少なくとも1本のタケノコをお土産にして。


DSC_2321.jpg
これはわたしが掘り持ち帰ったタケノコでの孟宗汁です。夕食にいただきました。
孟宗汁の作り方は次の通り:
鍋に水と酒粕を入れ、それにタケノコ、厚揚げ、生椎茸を入れ煮ます。30分位かかりますが
その間、鍋のフタを開けてはいけません。開けるとエグみが増します。
タケノコが煮えたら味噌で味を整えて出来上がりです。
他のタケノコ料理では出せない味であり美味しさです。
尚、タケノコは事前に湯がきません、湯がくと折角のタケノコの旨さを捨てることになります。

酔ったとは思いませんでしたが、缶ビールと日本酒が薬になったのでしょう、翌日まで
体がだるかったです。変なタケノコ掘りが利いたんですね。

本日はこれにて。

nice!(52)  コメント(23) 

タケノコ掘って、タケノコ食べて。(1/2) (4月21日) [庭の四季]

 夏日どころか真夏日だったりして、もう初夏ですね。
散歩も汗をかくようになりました。一番困るのはリュックを背負うと背中に汗をかくことです。
毎年夏になると悩みます、斜め掛けのバッグでは重いと辛いです。

花もどんどん咲いています。前に撮った花をまだアップしていないのに、行くと別の花が咲いています。
旬を逃してしまいますが、それも仕方がないかと。遅くなってもアップしようと思っています。

季節の花が在庫になっていますが、きょうと次回は21日の山のタケノコパーティをアップします。
21日は9時からタケノコ掘りと料理の班に別れて作業でした。


DSC_2264.jpg
山に入ったらこんな頭を出したタケノコが目に付きました。しかし、これは見送りです。
頭を出していないものを掘りたいからです。

DSC_2265.jpg
タケノコを探すとき、足を左右に動かして竹の葉っぱの下になにかないか探します。
コツンと当たるものがあるとそれはタケノコであることが多いです。それが狙い目。
上の写真はよくわからないかもしれませんが真ん中あたりが盛り上がっています。これは間違いなくタケノコ。

DSC_2266.jpg
上を除けてみたらやはりタケノコでした。早速これを掘ることにしたのですが、失敗でした。
タケノコは幅の狭い鍬で掘りますが、5~10分で一本掘れます。
ところがこれは鍬が入らないのです、瓦礫の中に頭を出していたんです。

DSC_2269.jpg
次々と瓦礫が出てきます。鍬を諦め、いつもの作業用の道具を持ち出し、周りを掘っては瓦礫を取り出し
途中写真も撮るのを忘れ、汗をかきながら掘り出しました。
30分かかりました。途中で諦めれば良かったのですが、捨てるのが勿体なくて。
タケノコの長さは25cmほどですが失敗作です、途中で折れてしまいました。

DSC_2300.jpg
みんなで掘ったタケノコです。アチラコチラに集められ、帰るときお土産になります。
大きいのは最初の写真のように頭を出したものですから、捨てられます。

料理も進んでいましたが、長くなるのできょうはここまでとします。

料理ができるまで時間があったので山の中を花を探して歩き回りました。
DSC_2313.jpg
「竹の秋」が進んでいます。葉っぱが落ちて地面に積もりますので作業の時は滑って困ります。
DSC_2317.jpg
カラスノエンドウと云うようですね、山裾にたくさん咲いていました。

DSC_2260.jpg
この山にはタチツボスミレが群生しているんですが、これは5株咲いているのを見つけました。
去年初めて見つけました。なんというスミレでしょう?ご存知の方教えてください。
ナガバノタチツボスミレなんてないですよね。

無茶苦茶なタケノコ堀りをし、食事の時アルコールを飲みましたので、帰宅後疲れを感じました。

ご馳走の準備は次回にアップします。

本日はこれにて。


nice!(51)  コメント(23) 

キイチゴは仲間がたくさんあるんですね。  (4月3日) [庭の四季]

きょうは暖かでした。
朝の天気予報で、気温は20℃を超え5月中旬の暖かさと云っていました。だんだん風が強くなる
ということでしたので9時過ぎに家を出て2時間ばかり散歩してきました。
薄着して出かけたんですが汗をかきました。

4月3日は目の前の山(横浜市の公園予定地)に花を探して入りました。
花の多いところではないんですがそれでも少しは見られます。

DSC_1935.jpg
山の一画にニリンソウが群生しています。月イチの山の手入れ作業のとき手入れをしていますので
少しずつ面積を広げています。上の写真はまだイチリンソウの状態で、これからニリンソウになります。
DSC_1697_00001.jpg


DSC_1707_00001.jpg
木五倍子(キブシ) キブシ科
これでキブシと読むんですね。小さな花の中を覗きたいんですが・・・。


木苺(キイチゴ)は仲間がいっぱいいますね。バラ科
クサイチゴ、カジイチゴ、モミジイチゴなどなど・・・ラズベリーやブラックベリーなども。
DSC_1711_00001.jpg
モミジイチゴ  花が下向きなので撮りにくい。

DSC_1706 草苺_00001.jpg
クサイチゴ

DSC_1703_00001.jpg
葉っぱの形から次郎坊延胡索(ジロボウエンゴサク)ケシ科 だと思うんですが。花色がちょっと悪い。

DSC_1719_00001.jpg
浦島草(ウラシマソウ) サトイモ科
釣り糸が伸びていますね。

DSC_1726_00001.jpg
今年もこの山にタチツボスミレがたくさん花を開きました。
日陰だからでしょうか、青色が強く出ました。

山には他にオオイヌノフグリ、ヒメオドリコソウ、ホトケノザなども咲いていました。
孟宗竹は「竹の秋」・・・葉を黄色にし盛大に落葉する季節になりました。

本日はこれにて。

nice!(47)  コメント(18) 

雑草と一蹴される小さな草花も可愛いですよ。 (3月14~22日) [庭の四季]

お花見の季節になったというのに寒い日が続いています。
でも、きょうは午後晴れ間もあり10℃を越しましたので開花が進んだことでしょう。


きのうは寒かった!

朝カーテンを開けたら白いものが舞っていました。雪?と一瞬思ったのですが、

薄墨桜の花吹雪でした。

先日、ベランダから外へ出した月下美人の葉が薄茶色になったように見えたので

きのうまたベランダに戻しました。このところの寒さで傷んだかもしれません。




わが家の庭にはあまり花がありません。周りには野草がありますのでそれをアップします。


DSC_1475.jpg
草花だけでなく木々も芽を吹き輝くようになりました。
木の葉に日が当たって輝いているのを見るのは気持ちがいいです。

DSC_1332.JPG
毎年世の中の水仙の開花に遅れて小さな花が咲きます。
多くが咲いているのに葉っぱも出てこないので消えたかなと気をもたせます。
水仙に話しかけるかのように土筆が顔を近づけていました。水仙は嫌がっているかな。

DSC_1461.jpg
オオイヌノフグリは周りにたくさん咲いていたのですが、この二つだけが
寄り添うように背を伸ばしていました。

DSC_1467.jpg
姫踊子草とオオイヌノフグリが競い合っているのか共存しているのか。

DSC_1471.jpg
ハコベと云ってしまうが、種類が多いんです。これはコハコベかな。
繁縷・・・これでハコベと読む、難しいですね。

DSC_1472.jpg
濃い緑葉が茂る様子が繁栄を祝う意味を表しているということで富貴草(フッキソウ)。
12月ころから蕾が出ているのにやっと咲き出した。

DSC_1518.jpg
胡瓜草(キュウリグサ)小さな可愛い花ですが、名前が可愛くない。
葉っぱをこすると胡瓜の匂いがするからとか。
似ている忘れな草はいい名前です。

DSC_1353.JPG
↑ ↓ 小さな鉢の中にいつの間にか小さな草が根を張っていました。

DSC_1530.jpg
DSC_1364.JPG
3月14日の月です。久しぶりに撮ってみました。

毎日暇を持て余していますが、それでもたまには野暮用があります。
暇とお天気が噛み合って楽しいお花見がしたいもんです。
本日はこれにて。

nice!(48)  コメント(20) 
庭の四季 ブログトップ