So-net無料ブログ作成

苔の石段が有名ですが・・・。  (6月18日) [鎌倉散歩]

いつからでしょうツバメを見なくなりました。
年々近所のツバメの巣が少なくなり、今年は2箇所で見ただけでした。ツバメが
来なくなったと云うより商店の建物が新しく建て替えられたりして、ツバメが
巣を作るところが少なくなっているのだと思います。

ツバメはこどもを巣立たせた後、南の方に移動しながら子育てをし、南に
帰るものだと思っていました。しかし、物の本に依ると巣立った後、秋に日本を去るまでの間、
河川敷の葦原などに集団でねぐらを作り、餌をたくさん食べて渡りの準備をしているんだそうです。
近年、河川敷の葦原などは減っているんでしょうか、増えているんでしょうか。
ツバメにとっても暮らしにくい自然界になっているのかな。

話変わってウグイス。まだ近所で鳴いています。毎年、7月中旬までは鳴いていましたが、
今年は梅雨も明けないのでまだまだ鳴き声が聞かれるのかな。


次男との鎌倉撮り歩きが続いています。
報国寺を出た後、浄妙寺にヤマアジサイを見に訪れました。それは6月4日にひとりで
行った時のブログに一緒に入れましたので省略し、次のお寺さん、杉本寺に向かいました。

DSC_3682.jpg
途中赤いポストが見えました。英ちゃんさんが以前様々なポストを記事にされていましたが
それ以来わたしも気にしていました。
このポストは初めて見たものかも。幅が狭いんです。普通は投函口が2つありますが
これはひとつです。狭いところ専用ですね。鎌倉浄明寺郵便局です。



DSC_3685.jpg
杉本寺到着。
山号 大倉山、寺名 杉本寺 (別称 杉本観音)、宗派 天台宗、
本尊 十一面観音


DSC_3689.jpg
山門(仁王門)を額縁にして奥に苔の石段が見えます。
DSC04455.jpgDSC04454.jpg
仁王門には左右に仁王。なぜかピンぼけですね。
運慶作と云われたこともあるようですが、違っているようです。


DSC04440.jpg
鎌倉石の石段、すり減っていて通行不可。この苔が有名ですが、元気がないように見えました。
この石段は登れませんので、上の本堂には左側にある道を登ります。


DSC_3690.jpg
本堂(観音堂)
参道の途中にもありましたが、奉納旗がたくさんあります。
鎌倉最古の寺と云われますが、731年(天平3年)行基が自ら彫った十一面観音を安置したことから
始まったとされています。
わたしは間違っていたようです。杉本寺はわたしにとっては苔むした石段がメインだったのです。
ところが本堂には十一面観音立像が三体安置されているのです。
向かって左の像:行基が建立時に安置
中央の像:円仁慈覚大師の作(重要文化財)
右の像:源信恵心僧都の作(重要文化財)
この他に、源頼朝の寄進と云われる前立十一面観音像が安置されているそうです。
次回訪れたら本堂に入ってみなければと思っています。
杉本寺はこれがメインですね。


DSC04447.jpgDSC04443.jpg
DSC04441.jpg
DSC04446.jpg
七地蔵尊


DSC04448.jpg
熊野権現堂、白山権現堂



DSC04452.jpg
鐘楼


杉本寺を持したときは12時半過ぎでした。バスで鎌倉駅まで戻り昼食はわが家で飲もうと
横須賀線に乗ったのでした。


きょうは雑草があまりにも繁茂していますので午後草刈りをしました。1時間ほどでしたが
汗が吹き出しました。目に汗が入ると痛いということを思い出しました。

あすは参議院議員の投票日です。貴重な一票を投じたいと思います。

あすは忙しいです、山の手入れ作業日です。流しソーメンをします。雨が降らないといいのですが。

本日はこれにて。

nice!(58)  コメント(23)