So-net無料ブログ作成

窓の外は緑。ブラフ18番館  (5月17日) [横浜散歩]

昨日の朝は雲が多くて雨にならなければいいのにと思いましたが、マアマアの晴れ間が出て
近所の小学校は無事スポーツフェスティバルが行われました。
毎年のことですが、大勢の父兄が集まり、賑やかでした。

きょうはもうすぐ梅雨入りを感じさせる曇天となりました。
鉢に水やりをしなくてよかったので助かりました。

わが家には奥様が貰ったカーネーションの鉢が4個あります。日当たりの良いベランダに並んでいます。
花後をどうすればいいかとネットで調べていましたら、カーネーションを長く楽しむためには
日光によく当てなさいと出ていました。でも、不思議だったのは直射日光を当ててはいけないとも
出ていました。どういうことなんでしょう、疑問です。


5月17日は仙台からお出でのゆうみさん、東京からの美美さんと三人で山手大通りの
西洋館巡りをしました。この時期には特別のイベントがありませんでしたので、
来訪者も少なくのんびりと歩きました。

DSC_2945.jpg
10時半に根岸線の石川町駅に集合。山手イタリア山庭園を目指して大丸谷坂(おおまるだにざか)を
約5分のんびりと登ります。

DSC_2945 2.jpg
山手大通りを通ってここから港の見える丘公園まで1.6Kmです。

DSC_2946.jpg
山手イタリア山庭園が近づきました。ここには年中花が咲いています。

DSC_2947.jpg
「山手イタリア山庭園」の門柱です。右には「山手イタリア山庭園」左には「ブラフ18番館」
「外交官の家」のプレートは張ってあります。
明治13(1880)年から明治19(1886)年までイタリア領事館が置かれていたことから
「イタリア山」と呼ばれています。この中には「ブラフ18番館」と「外交官の家」があります。
(正面の民家は関係ありません。)

DSC_2951.jpg
門を入って坂を登ったところで最初に出会うのは「ブラフ18番館」。
緑の窓枠の内側には灯りが見えます。

内部に入り撮った写真を並べます。窓の外の緑が撮りたかった。
DSC_2957.jpg


DSC_2958.jpg
テーブルのガラスにはもっと緑色が濃く写っていたのですが。


DSC_2959.jpg DSC_2960.jpg
DSC_2961.jpg DSC_2962.jpg


DSC_2965.jpg


DSC_2966.jpg
「ブラフ18番館」は大正末期に建てられた外国人住宅で、カトリック山手教会の司祭館として
平成3(1991)年まで使用され平成5(1993)に当地に移築復元されました。
館内は大正末期から昭和初期の横浜家具を中心に外国人の暮らしを感じることができる
展示になっています。(パンフレットから抜粋)

DSC_2967.jpg
当地は山なのでベイブリッジや横浜マリンタワーなどが見渡せます。
晴れた日は富士山も見ることができると云われているが、見たことがありません。

二人のお姉さま方をご案内したことになっていますが、果たして役に立ったか
非常に疑問に思っています。

次回も山手大通り撮り歩きをアップしますが、本日はこれにて。

nice!(56)  コメント(20)