So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

苔がきれいでした。  (6月18日) [鎌倉散歩]

きのうは本当にしばらくぶりにお天道さんが出ました、そして夏日になりました。

今朝は起きたときお天道さんが出ていましたので、天気予報に反して晴れか
なと思っていたら、どんどん雲が厚くなりました。それでも時々お天道さん
が顔を出し、気温も上がりましたから真夏日になったのかな。
ものすごく蒸し暑かったです。

そんな中、クリニックに降圧剤を貰いに行き、血液検査の結果を聞いてきました。
気になっていたクレアチニンの数値が高かった。基準値0.61~1.04が
1.08でした。愛猫タロウと同じ腎臓が弱点では笑えません。
他には中性脂肪が基準値36~149が174。先生には水を飲めと云われ
努力していますが、たくさん飲むと胃が痛くなります。どうしましょう。
その他は基準値内に収まっていましたから良しとしますか。
平日の早朝5:00からNHK BSプレミアムで「クラシック倶楽部」を
視聴しています。早い時間ですから家人に遠慮してヘッドホーンを
利用しています。

7月16日は5月16日に金沢で録画された「アメリカ海兵隊バンド」の演奏会でした。
かっこいいですね、真っ赤なユニホームです。
初めに観客も起立して両国の国歌の演奏です。最初に演奏された
曲目はスーザ作曲「行進曲 海を越えた握手」でした。いま地球上は
政治的に混沌としていますが、それに対する痛烈な批判のように思われました。
演奏されたものは行進曲だけではありません。ジャズもありました。
いやー、音楽はいいすね、ピアノもいい、バイオリンもいい。
この演奏会は何度も再放送されています。

6月18日は鎌倉に行きました。
2日前に次男からメールが有り、どこかに紫陽花を撮りに行こうと誘いがありました。
急なことでもあり、わたしも広く知っていませんので、手っ取り早く鎌倉に行くことに決定。
どこに行くかは鎌倉についてからでも決められるだろうと。

わたしは6月4日に鎌倉の浄妙寺を訪れていますが、その時はヤマアジサイがまだでしたので
是非見たいと思い、浄妙寺とその近所の報国寺と杉本寺を回ることにしました。
報国寺と杉本寺は紫陽花抜きです。

鎌倉駅から浄明寺までバスに乗りました。鎌倉についたのがいつもより遅かったので
バスは満員でした。15分位かな、短時間ですから問題なしです。
そしてまず報国寺へ向かいました。

報国寺は竹寺として有名です。皆さんご存知ですから開山開基などは記しません。
山号・寺名は功臣山・報国寺 宗派は臨済宗・建長寺派  御本尊は釈迦如来坐像

DSC_3666.jpg
混んでいましたね。人の入らない山門を撮ろうとしばし待ったのですが、駄目でした。


DSC04389.jpg
石庭  山門を入って気づいたのですが、まるで記憶にありませんでした。
ここ数年訪れていなかったのです。
入ってすぐの苔が良かったです。後で考えたのですが、竹林で有名ですが竹よりも苔がいい!
参道の左も右も苔がいっぱい!
DSC_3663.jpg



DSC_3657.jpg
石段を登る途中で本堂を撮ったら本堂の下のほうが写っていませんでした。



DSC04409.jpg
鐘楼



DSC04394.jpg
入場料を200円収めて竹林へ。
記憶では竹林はもっと広かったように思うのですが、意外に狭かった!
見るべきところ、撮るべきところはいろいろあるのですが、端折って少し並べます。
DSC04395.jpg
六地蔵



DSC04396.jpg
DSC04397.jpg
DSC04398.jpg DSC04401.jpg
DSC04402.jpg
石地蔵



DSC04413.jpg
迦葉堂(かしょうどう)への石段

撮っていないところがあります。再訪しなければなりません。
中庭枯山水も撮ったのですが、アップしませんでした。
思い出したことがあります、この中庭で初めて山茱萸の花を見たのでした。
次男との鎌倉撮り歩きは続きます。

本日はこれにて。

追記
毎日のように殺人事件が報じられ、日本はどうなってしまったんだろうと思っていましたが、
きょう、京都で大変な事件が起こりました。今のところなくなった方が27名と
報じられています。
日本は人も自然も世界一素晴らしい国と思っていましたが、どうしたんでしょう。
亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。

nice!(43)  コメント(22) 

わが家の庭・昨今。  (6月下旬~7月上旬) [庭の四季]

7月にお盆を迎えた地域では13日がお盆入り。墓参りに行き門前や
玄関先で迎え火を焚いたことでしょう。きょう16日は短い滞在でしたが
ご先祖様はお帰りになります。門前で送り火を焚きます。
集合住宅住まいで位牌もないということをいいことにお盆の行事は何もしていません。
でも、8月の月遅れには写真の前に花やお菓子をあげて線香を灯し手を合わせます。

わがふる里のお盆は8月です、所謂月遅れ。
かっては全国的に旧暦7月がお盆でしたが、明治時代に新暦になり
お盆も新暦の7月に変わりました。しかし、新暦の7月は農繁期です、そこで
農家などの多い地域ではご先祖様を丁寧にお迎えするために次第に
月遅れで行うようになりました。


生活をする、生きていくためには自然に密接に関係している旧暦が
いいのではないかと思っています。新暦は無機的で一日一日に
番号を振っているだけのように思えるのです。
しかし今更旧暦を持ち出しても笑われるだけですね。わたしは一人で
きょうは旧暦では何日だと思うことにしています。


きょうはわが家の庭の昨今です。雑草で緑いっぱいですが、
咲いている花は少ないです。 

DSC_4063.jpg
上溝桜(ウワミズザクラ)
今年もオレンジ色に実が熟しました。しかし、野鳥が来ません、まだ熟していない?
DSC_3888.jpg


DSC_3974.jpg
ハイビスカスが咲いています。雨にも低温にもかかわらず、日によっては複数咲きます。
気になることがあります、花が外側を向いて咲くことが少なく、内向きに咲きます。


DSC_3979.jpg
7月8日に大輪の朝顔が初めて咲きました。
この朝顔は、5月下旬に花の苗を買いに花屋さんに行ったとき「傷んだ苗だけど良かったら
持っていって」と云われ、2個貰ってきたものです。元気に育ちました。
初めての試みですが、行灯仕立てにしています。これから咲くかどうか楽しみです。


DSC_4053.jpg
この花の名前はわかりません、去年苗をかってきて花を楽しんだ後、おっぽっていたものです。
花後の処置は何もしていませんでしたが、庭の片隅で咲いていました。
わたしは苗を買うときできるだけ多年草を買います、来年も咲くことを期待するんです。
何のことはない、ケチなんです。


DSC_3978.jpg
これはモミジの赤ちゃんです。今のところ10cmくらいです。
去年種(プロペラ)を取って来て確か5個鉢に埋めておいたんです。
その中から1個芽を出しました。育ってくれるといいんですが。


DSC04567.jpg
先日、どこから入ったのか虫が一匹網戸に付いていました。
虫にはあまり興味を持たないんですが、見たことがないものでしたからパチリです。


DSC04596.jpg
先日、奥様のお友達のキジバトがベランダに入ってきてこの場から動きませんでした。
どうしたんだろうと思っていたんですが、前の山の木の周りでカラスが3羽ギャァギャァ鳴きながら
飛び回っていました。多分このカラスに襲われるのを警戒してこの場に避難したと思われます。
カラスの鳴き声が聞こえなくなっても動きませんでした。30分ぐらい滞在しました。
網戸越しに撮りましたので写真がぼんやりしています。


毎日雨が降ったりやんだりで気温も低いです。きょう午前中は少し強い雨でした。
梅雨はいつ明けるんでしょう、。
もうすぐ夏休みが始まりますが、子どもたちが海水浴に行けるように梅雨が開けてほしいです。


本日はこれにて。

nice!(50)  コメント(21) 

イワガラミとナギイカダ。  (6月25日)  [横浜市こども植物園]

きょうも小雨が降ったりやんだりです。
きのう「7月13日)の午前中は一面の雲の下に黒い雨雲があちこちにありましたが、
降ることはなかろうと横浜市こども植物園に行きました。
蒸し暑いためでしょう、蚊の攻撃をたくさん受けました。やられたと管理スタッフに云ったら
腰に下げている携帯用の蚊取りを見せられ、これを付けなければ駄目と云われました。
蚊には刺されましたが、いいものが見られました。それは大賀ハスです。
大きな鉢で見事に咲いていました、いや管理スタッフの執念で咲かせたのでしょう。
去年は見られませんでしたから、今年は運が良かったのですね。

きょうは6月25日の横浜市こども植物園です。

DSC_3913.jpg
正門を入ったところに掲示板があります。今何が咲いているか掲示してあり、参考になります。


DSC04511.jpg
掲示板にはあじさい園にイワガラミが咲いていると出ていました。
イワガラミは東慶寺で見るものと思っていましたが、ここで見られるとは驚きです。
あじさい園は裏門の近くにありますので、メタセコイアの前を通って向かいました。

DSC04290.jpg
イワガラミは岩に気根を伸ばして成長するものと思っていましたが金網のアーチの上にありました。
いつ植えたのかだいぶ大きいです。これからは毎年楽しみです。
DSC04295.jpg


ここあじさい園にはヤマアジサイが主で100株以上あります。
ヤマアジサイは花が小振りでカワイイです。少し並べます。
DSC04520.jpg
DSC04510.jpg
DSC04289.jpg
DSC04557.jpg


DSC_4167.jpg
ナギイカダの花。花の大きさは5mmくらいです。 (17年3月6日撮影)
樹高はここで見られるものは30cmないです。
地中海沿岸原産の常緑低木。観賞用に栽培されます。
DSC_3939.jpg
梛筏(ナギイカダ)の名前は、ハナイカダのように葉の中央で花が咲き実がなる
ことから付けられたようです。

DSC04548 2.jpg
近くに説明文がありましたので、アップしました。


本日はこれにて。

nice!(56)  コメント(19) 

池に花。  (6月14日、25日) [横浜市こども植物園]

一昨日はやっと晴れたと嬉しかったのですが、昨日今日とやはり梅雨です。しかも、何年か前の
冷害の年よりも今のところ低温が続いているんですね。農作物は今のところ畑のものへの被害が
報じられていますが、水稲への影響も大きいでしょうね。漁業も農業も自然が相手です。
同仕様もありません。こうなるとわたしは八百万の神に祈るしかないと思うのです。

まだ、6月半ばを記事にしています。
きょうは6月14日、25日の横浜市こども植物園です。

小さな池です。きれいな、多分地下水でしょう、あるいは循環させているのかな、
きれいに澄んだ水が三箇所から注がれており、鉢に入った草花が置かれています。

DSC_3745.jpg
睡蓮


DSC04507.jpg
長葉水葵(ナガバミズアオイ) ミズアオイ科


DSC04506.jpg
浅沙(アサザ) ミツガシワ科

池から離れます。
DSC_3620.jpg
野萱草(ノカンゾウ) ユリ科


DSC_3750.jpg
下野草(シモツケソウ) バラ科
DSC_3762.jpg
靫草(ウツボグサ) シソ科  花びらが残り少ない。


DSC_3766.jpg
女郎花(オミナエシ) オミナエシ科


DSC_3773.jpg
檜扇水仙(ヒオウギスイセン) アヤメ科


タロウくんの今;
文庫本を枕に寝ているところにカメラを向けたら「何だよう」と睨まれました。

DSC04577 2.jpg
きのう(11日)タロウくんは月イチの診療日でした。一ヶ月前と比べ体重は4.24kgと
同じで、血液検査の結果もほとんど変化はありませんでした。
高齢ですし病気もしていますから体重も減り血液検査の結果も悪くなって当たり前だが
この子は丈夫だ、と先生は驚いていました。この先生の治療を受けて来月で一年になります。
昼は眠っていて夜中になると起き出してウロウロし、ギャァギャァうるさくて困ると
先生に云ったら、認知症かなと笑っていました。

本日はこれにて。

nice!(51)  コメント(18) 

花菖蒲  (6月14日) [横浜市こども植物園]

きょうは久し振りにお天道さんと青空を見ました。
夏日にならない寒い日が続いています。梅雨明けはまだまだのようです。

夏といえば夏の甲子園を待ちわびている人も多いでしょうね。
新聞の運動欄を見ると、地方予選の棒スコアが出ています。
一年に一度、母校を思い出させる棒スコアですが、今年は何回戦まで
見ることができるでしょう、2回戦かな?3回戦かな?

きょうは約1ヶ月前の横浜市こども植物園です。

この日、事務所の前の広場に花菖蒲の鉢が並んでいました。毎年並ぶ
「長井古種(ながいこしゅ)」が並んでいるのか、並んでいないのか
わかりませんでした。長期の展示になりますので、わたしが行ったとき
入れ替えがあったのかもしれません。鉢数は少ないですが楽しませてもらっています。
並べます。

DSC_3588.jpg
DSC_3587.jpgDSC_3589.jpg
DSC_3590.jpg
DSC_3594.jpg


DSC_3630.jpg
スモークツリー(煙の木) ウルシ科
このもやもやしたものは花後に伸びた花柄だと云うんですが、花はどんなものか?


DSC_3611.jpg
梅 バラ科  品名 鶯宿(おうしゅく)



DSC_3606.jpg
柘榴(ザクロ)ザクロ科 八重咲きだと思います。品種名は忘れました。



DSC_3638.jpg
柘榴 斑入り 八重咲き


DSC04373.jpg
紫式部(ムラサキシキブ)クマツヅラ科


DSC_3644.jpg
姫沙羅(ヒメシャラ) ツバキ科
花期のオシマイの方で残っている花数が少なかった。今年はナツツバキも見ないでしまった。

午前中から雲が多いとは云え晴れでしたので、昼過ぎに散歩に出ようと思いました。
ところが風がありました。これでは花は撮れないと出かけませんでした。
出かけない日が多いと、溜まっている録画がたくさん見られます。
出かけないと一日が長いです。

本日はこれにて。

nice!(49)  コメント(22) 

まだまだ紫陽花です。  (6月下旬) [保土ヶ谷公園]

きのうは「お寒うございます」と挨拶したくなるような低温でした。
最高気温が21℃だたようで、長袖シャツを引っ張り出しました。
この頃は夜はタオルケット一枚で十分だったのですが、昨夜は毛布を掛けました。
このような低温はまだ続くようです、風邪を引かないように注意ですね。

わが家の奥様のお姉さんに電話してわかったのですが、ご主人が2週間入院したとのこと。
もう退院していますが危ないところだったようです。
ある日の午前中に用事があって出かけたそうです。出かけて間もなく「左手が動かない」と
帰って来ました。お姉さんはただことではないと思い、即救急車を手配。


この日は土曜日だったのですが、運良くその病気の担当の先生がいました。
少しの検査で「脳梗塞」の診断、即入院。
2週間の入院で帰宅し、今は働いています。昭和12年生まれですから
何があっても不思議ではないですね。


先生は云っていたそうです。水分を十分に取りなさい、アルコールは控えなさい。
ご主人は飲むんですよ。
人の命はわかりませんね、お姉さんがすぐに救急車を手当しなかったら?その病院に
その病に詳しい専門医が留守していたら?・・・命はとりとめたとしても、半身不随になって
いたかもしれませんね。
わたしも水を十分に飲むことを再認識しました。

きょうは6月下旬の保土ケ谷公園の紫陽花です。これで終わる予定です。
並べますので眺めてください。

DSC_3801.jpg
画面奥まで紫陽花ですが写っていませんね。
DSC_3489.jpg
DSC_3494.jpg
DSC_3521.jpg
DSC_3554.jpg
DSC_3782.jpg
DSC_3804.jpg
DSC04243.jpg
DSC04244.jpg
DSC04325.jpg
一枚目と同じくらいの広さがあります。どう撮るかでいつも苦心しますが、うまく撮れません。

保土ケ谷公園には梅園があり、桜も昔は園内に600本とか1000本あると云われました。
そしてあじさい公園と云ってもいいほど紫陽花があります。秋には銀杏並木が楽しめます。
季節季節を楽しみにお出掛けください。

来年こそきれいな紫陽花が撮れればいいなあと思っています。現実はどう撮ればいいかわからないのです。

本日はこれにて。

nice!(51)  コメント(22) 

紫陽花の他にもいろいろの花が。  (6月下旬) [児童遊園地(環境活動支援センター)]

きょうは終日小雨が降ったりやんだりで肌寒かったです、こういう天候を
「梅雨寒」というのでしょうか。
あすは7月7日、七夕ですね。子供の頃、笹竹に短冊や折り紙、吹き流しを吊るして
それなりに楽しみました。とは云ってもあすの7月7日ではなく8月7日でした。

あすにしろ8月7日にしろ、晴天になった記憶がありません。それでは天の川の
両岸に暮らす彦星織姫は会えませんね。いや、無粋な云い方をすれば、雲の上は
晴れていますから、毎年会っていると思います。それが地上の我々には見えないだけです。


きょうは保土ヶ谷公園の紫陽花から離れて6月下旬の児童遊園地です。
児童遊園地には花壇のようなものは少ないですが、手入れされた木々が
季節の花を咲かせ、草むらには花が咲きます。


DSC_3582.jpg
保土ヶ谷公園の紫陽花から離れても、児童遊園地にも紫陽花は咲いています。
その中からほんの少しをアップします。
DSC_3584.jpg



DSC_3574.jpg
周りで見る「紫式部」は咲いていたり咲いていなかったり、この木もしぼんだものがあるかと思えば
まだ蕾のものもあります。


DSC_3720.jpg
凌霄花(ノウゼンカズラ) ノウゼンカズラ科
花期が長いです、夏の間咲いています。


DSC_3719.jpg
野萱草(ノカンゾウ) ユリ科  咲き始めに見えるんですが、もしかして別の花?


DSC_3735.jpg
柳花笠(ヤナギハナガサ)クマツヅラ科  だと思うんですが?


DSC_3739.jpg
アガパンサス(ユリ科)  花が大きいのと小さいのがあり、白色もあります。多くの品種があるんでしょうか。
DSC_3740.jpg
丘虎の尾(オカトラノオ)から少し離れたところに数株咲いていました。
オカトラノオの先端がちぎれたようにも見えますが。


DSC_3777.jpg
丘虎の尾(オカトラノオ) サクラソウ科


この梅雨は長引き、明けは遅いと云われています。雨が降らないときは雨に洗われた緑を
撮りに出かけたいと思います。きっといい景色が見られると思います。


本日はこれにて。

nice!(49)  コメント(16) 

期限切れですが、紫陽花です。  (6月中旬) [保土ヶ谷公園]

今朝の当地は短時間でしたが強い雨が降りました。滝では落水で飛沫が
上がりますが、同じように雨が白く煙っていました。
午前8時ころから強くなりましたが8時半ころには弱くなりました。
食料品の買い出しに行く予定でした。これは行けないと思いましたが
9時前に小降りになりましたので、急いで出かけたのでした。
気象台のデータを見たら、8時の枠には降水量が4mm/h,9時の枠に
は15mm/hと出ていましたが、観測地によって違うでしょうから
当地で一番強いときで10mm/hかなと想像しました。
それに比べると九州方面の線状降水帯は想像つかないような雨量です。
被害を被られた方々にはお見舞い申し上げ、これ以上被害がひどくなり
ませんようにお祈りいたします。


きょうから賞味期限が切れていますが、保土ヶ谷公園の紫陽花を
何回かに分けてアップします。途中、児童遊園地やこども植物園を挟みます。

DSC_3306.jpg
小さい池です。この池は梅園の南側の低いところにあるスロープにあります。
10年ぐらい前でしょうか、この辺りが改造されました。それまであった
50mのプールが取り壊され、イチョウなどの木々が伐られ、広く明るいなだらかな
スロープになりました。上流から下流まで小さな流れがありますが
その途中にこの池があります。
今年は住み着いているカルガモが4羽の雛を孵しました。カワセミが来ると
聞きましたが、会えませんでした。


DSC_3335.jpg
DSC_3330.jpg
DSC_3310.jpg
DSC_3314.jpg
DSC_3324.jpg
斑入り紫陽花です。葉の一部が白いです。あまり見られないと思います。


DSC_3469.jpg
紫陽花は花だけよりも背景を大事に撮りたいと思っているんですが、
思うような例えば建物のような背景は保土ケ谷公園にはありません。
次回の紫陽花も同じようなものが並ぶと思います。
本日はこれにて。

nice!(57)  コメント(23) 

花菖蒲  (6月4日) [鎌倉散歩]

”暦では、夏至から数えて10日か11日目が「半夏生=はんげしょう」と呼ばれる。昔の人が

農事などの目安にした季節区分・七十二候の一つで、今年は7月2日、きょうがその日に当たる。

梅雨も中期に入れば、集中豪雨が増える。洪水を「半夏水=はんげみず」と呼ぶ地方もあると、

天気エッセイストの倉嶋厚さんが書いていた”  讀賣新聞・編集手帳より。

 

季節のの言葉の半夏生は意識していませんでした。半夏生といえば今葉っぱの半分を白く

染めている植物だけを意識していましたが、半夏生の頃に咲くから半夏生の名前がつけられた

のですね。半夏水などという物騒なものは払い下げにして、梅雨を楽しむ季節であってほしいです。


6月4日の鎌倉散歩が続いています。

松岡山 東慶寺の2回目です。前回はイワガラミとイワタバコをアップしました。

その他にもいろいろの花が咲いていましたので、お蔵に入れるのがもったいなく思い、

並べてみました。


DSC04196.jpg
花菖蒲  今の時期これを撮らないわけにはいきませんね。
DSC04198.jpg
DSC_3447.jpg

DSC04203.jpg
八重毒痛み(ヤエドクダミ)ドクダミ科
DSC04204.jpg
ドクダミの繁殖力の強さで一旦入り込まれたら容易には退治できないが
八重ならいいと思うのでした。


DSC04214 2.jpg DSC04215 2.jpg
下野(シモツケ)バラ科
真っ白の花を撮りたかったのですが、探しそこねました。右側は変な色ですが、種類が多いようです。

DSC04218.jpg
小葉の髄菜(コバノズイナ) シロバナブラシノキ(フトモモ科)に似ていますが、
これはユキノシタ科。


DSC04209.jpg
石楠花(シャクナゲ)ツツジ科  花数は少なかったのですが今年も見ることができました。
わたしの目には透明な花びらで、他のシャクナゲでは見られない花です。


DSC04212.jpg
東慶寺には小さいカワイイ紫陽花が多いように思います。
今年はあまり撮りませんでした。一枚もないのでは寂しいので一枚だけ。


9時過ぎに浄妙寺を訪れ、1時に東慶寺を出る約4時間の鎌倉散歩でした。

途中、休憩も昼食もなしでしたので、疲れを感じながら北鎌倉駅から電車に乗りました。

長々と鎌倉散歩にお付き合い頂きありがとうございました。


本日はこれにて。

nice!(55)  コメント(22) 

イワガラミ、イワタバコ  (6月4日) [鎌倉散歩]

梅雨らしい弱い雨が降たりやんだりしています。風があったので部屋を通る風が
冷たくしのぎやすかったです。

 

きょうは30日、一年の半分が過ぎました。折返し地点です。
あすから後半戦が始まると心新たにしておられる方もいるでしょう。

ある本を読んでいたら「夏越の祓」という語が出ていました。恥ずかしながらわたしは
初めて見ましたし、意味もわかりませんでした。

昔の人々は、あすからの半年を気持ちよく迎えるために「夏越の祓」という行事を
行ってきたんですね。
「夏越しの祓」は、新年からの罪や汚れや災厄を祓い清め、無病息災を願うための
神事です。
では、わたしたちは何をすればいいのでしょう。
神社に行くと「茅の輪」がありますが、これをくぐって心身を清めればいいのです。
「茅の輪」くぐりは正月のものと思っていましたが・・・そう云えば今の時期でも「茅の輪」が、見られ
なんであるんだろうと去年までは思っていました。


6月4日の鎌倉歩きが続いています。
この日は浄妙寺の他に「松岡山東慶寺」を訪れる予定でした。
亀ケ谷切通しを越えて鎌倉街道に突き当たり左折して東慶寺に向かいました。
横須賀線を越えて浄智寺を左に見て直進です。
浄智寺と云えば、以前数人で鎌倉歩きをしたとき、浄智寺から銭洗い弁天に
歩いた皆さんがおられましたね。そのとき「葛原が岡神社」に寄られましたね。
情報を得ました(知らないのはわたしだけ?)。ここはたくさんの(100種類とか)
紫陽花があるそうです。来年は訪れたいと思っています。

話が飛んでしまいました、本筋に戻っていよいよ東慶寺です。
ここを訪れた目的は「イワガラミ」と「イワタバコ」です。東慶寺は何度も来ているので手抜きです。
写真を並べます。


DSC04195.jpg
本堂  この後ろの崖にイワガラミが広く咲いています。

DSC04192.jpg
本堂の前に小さな池がありました。今まで気づきませんでした。


DSC04184.jpg
本堂の正面から濡れ縁(お寺さんでは正式にはなんと云うんでしょう)を左に進みます。
本堂の後ろの崖一面にイワガラミが咲いていました。


DSC04186  2.jpg
イワガラミは岩に絡んで成長するから”岩絡み”。ユキノシタ科です。
ヤマアジサイやガクアジサイに似ていますね。


DSC04185.jpg

DSC04188.jpg

DSC_7584.JPG
飛んじゃってはっきりしませんが、イワガラミの幹です、根元です。
これ一本から本堂の大きさに成長したのです。今年は忘れてここをチェックしませんでした。
今も変わっていないでしょう。17年6月5日撮影。

DSC_3433.jpg
イワガラミを見終わって奥へ進むと右側に崖が出てきます。
境内のあちこちで見られますが、ここにイワタバコが岩にしがみついています。

DSC_3434.jpg
イワタバコ イワタバコ科  山の岩肌に生え、煙草の葉に似るからイワタバコ。
DSC_3446.jpg
DSC04211.jpg
奥に進み振り返ってパチリ。この崖に群生しています。3枚前の写真の雰囲気が
わかるように少し広い範囲を撮ってみました。


今回の鎌倉散歩の目的は浄妙寺と東慶寺のイワガラミ、イワタバコでしたから、目標達成です。
しかし、この後いろいろの花が咲いている境内を散歩し、花を撮りました。それらがありますので
きょうで鎌倉散歩はオシマイにするつもりでしたが、もう一日延期します。お付き合いください。
きょうも長々とお付き合い頂きありがとうございました。

本日はこれにて。

nice!(52)  コメント(23) 
前の10件 | -